スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MACアドレスの枯渇について

昨日、帰りの電車の中でMACアドレスの枯渇って無いのか疑問に思った。

mactweet.jpg

せっかく気になったので、調べてみた。

MACアドレスはNICについている48bitの唯一固有の番号。
つまり、インターネット接続できるPCが作られるほど、MACアドレスを消費していく。
IPv4が32bitで枯渇問題に悩まされている中、MACアドレスはどうなのだろう?
と考えた。(暇orz)

そこで、かなり恣意的な要素が含まれているが計算してみた。

[MACアドレス数]
48bitなので、
2^48 = 281474976710656 (= 281兆4749億7671万656)
改めて計算したけど、すごく多い。。。

[インターネット普及率で見る]
世界の人口とインターネット普及率でどれだけの人がインターネットを使っているかで考えてみた。
世界の人口 : 7,000,000,000 人
インターネット普及率 : 30 %
インターネット人口のMACアドレス所有数(捨ても含む) : 10

という、かなりアバウトな計算をしてみた。
インターネット普及率は、かなりアバウト。
Wikiの国のインターネット普及率リストを見てみると、大きな幅を持っている。
よって、このパーセンテージを平均してみると、
普及率(平均) = 29.33% (≒ 30 %)
となった。
また、個人のMACアドレス所有数を考える事が必要なので、適当に10とした。
これは、
今までのPCの破棄数 + (個人が使用しているであろう)サーバ台数 + ルータMACアドレス
を考慮して、かなりアバウトに決めてみた。
それで計算すると、
MACアドレス使用数 = 7000000000 * 30 / 100 * 10
         = 21000000000 (=21億)

となった。
MACアドレスの数に対してかなり余裕のある数となった。
もし、個人のMACアドレス所有数の見積もりが間違っていて、桁が変わろうと問題ない値。

[PC出荷台数で見る]
これまでのPC出荷台数で見てみてはどうだろう?と考えた。
全世界のパソコン台数が稼働ベースで10億台を突破という2008年の記事を見つけた。
ここでの注意点は、パソコンということと、稼働ベースということだ。
つまり、多く見積もる必要がある。
また、MACアドレスはサーバ、稼動していないPCを含んで考え、
世界の端末 = 2000000000 (= 20億)
とした。
また、ルータMACアドレスも含まれることから、適当に5倍のマージンを取った。
これを計算すると
MACアドレス使用数 = 2000000000 * 5
         = 10000000000 (=100億)
となった。
これも、MACアドレスの数に対してかなり余裕のある数になる。

普及率とPC出荷台数の見方で、MACアドレス使用率が大きく変わるけど、
私が知りたいことは、MACアドレスって枯渇しないのか?ってことだったので、
全く問題ない結論に至った。

すごく恣意的な解釈だけど、MACアドレスの枯渇は問題無いように思える。
しかし、クラウドが定着し、ネットワーク無くては何もできない環境になると、
家電や車など様々なものがインターネット(IP環境)に入ってくることになる。
それに従い、MACアドレスも大きく消費していくことが予想される。

MACアドレスは、IPv6,IPv4などのIP環境に必要な要素と成っているし、
唯一固有のIDとして、ライセンス管理等にも使用されていることがある。
もし枯渇したら大問題になるなぁ。
と感じてしまった。(私が生きているうちは無いと思うけどw)

終わり。





スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ss_9

名前 :ss_9
紹介 :
20代はエンジニア、30代はプロ、40代は管理、50代は人脈。

Twitterボタン

最新記事
カテゴリ
AD
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。