スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows開発者がMacに移った理由

Macを買って、1ヶ月経とうとしている。
「ほぼMacメインで開発を行っている。」とは言いがたい。
しかし、ドキュメント作成やプライベートな開発、Web閲覧は、ほぼMacに移っている。
その理由をまとめて、Windows開発者がMacを買う上での参考にしてもらえれば幸いである。

よくMacの良さを伝えるために、
・フォントが奇麗
・デザインがいい
・かっこいい
・使いやすい

等の理由が挙がる。

基本的に、見た目である。

確かに、そういう理由もあるが、正直、プログラマにはどうでもいい。
デザインをする訳でもないし、フォントなんて、プログラマはあまり重視しない。
(まぁ、エディタやフォントが奇麗だとやる気になったりするが)


Windowsには、.Visual Studioという強力な開発環境があり、cygwin環境もあり、unix環境も何となく作る事ができる。
私も.NET開発をメインにやってる時は、この環境で満足していた。

しかし世の中の流れで、Windows開発者も、Apache、MySQLを弄ったり、pythonやruby等のLL言語にて、簡単な計算から相応のアプリケーションを作ったりするようになってきた。

その辺りの環境を構築するのは、Windowsでは物足りなさを感じる。

一応、インストーラ等で提供されているが、最新版を手に入れられなかったり(Windowsユーザは軽視される傾向にあるのか)、非常に不安定だったりする。

この動作しない原因を調べて、パッチを当てたりするのに非常に時間をかけてしまい、面倒臭さのあまり、最終的に無意味にVMware等で入れて、Linuxを動かしたりする。(cygwinは、すべてcuiなので、私みたいなWindows人間には厳しい環境である。)

このように、Windowsでの開発環境構築は、UNIX,Linuxと一線を引かれた存在になっている。
そういうこともあり、Linuxに移行する人もいると思うが、やはり操作性、Windowsとの互換性に抵抗を感じてしまう。

そこで、候補に挙がったのがMacである。

つい最近まで知らなかった(というか興味が無かった)のだが、MacがUNIXとして正式に認定されているという事実である。
(おそらく昨今のAppleブームが無かったら気づかなかったと思う)
Macを買うとUNIX環境が使えるという事から、私はMacBookAirを衝動買いしてしまった。

そして、こんな文章を書く(暇orz)経緯に至った。

ここから、Macを買ってよかった点を列挙したいと思う。


・UNIX環境が使える。

買って一番よかった事はこの理由である。
Linuxに類似したディレクトリ構成を持ち、パーミッション等も同じように扱える。
cuiコマンドもLinuxと同等の環境を整えている。
よって、EmacsやApacheの設定等をLinux脳で構築する事ができる。
また、Windowsのようなエクスプローラ環境(Finderという)も充実しており、GUIでも十分対応できる。


・開発環境が容易に作ることができる。

これは買って少しして気づいた事だが、非常に簡単に開発環境を構築する事ができる。
デフォルトでPython,Ruby,Perl等が入っており、買ってすぐ弄る事ができる。
また、XCodeという開発環境を無料で入れれば、gcc環境も直ぐ整える事ができる。
更には、MacPortsというものを使えば、RedHatLinux系のyum見たいに簡単に環境を構築できる。
MacPortsはyumよりも充実している。
よくyumでは、rpmが無く、ソースからビルドしたり、無理くりrpmを作ったりしている。
MacPortsでは、今まで使い倒しても、そんな事が無い。
もしあったとしてもgccが入ってるから、すぐビルドできるだろう。
しかし、.NET開発環境については、やはり本家には劣る。
一応、Monoプロジェクトや、SharpDevelop等があるが、安定に動作するとは限らない。


・アプリが充実している

Macのアプリ充実度は、Linux、Windowsに勝ると個人的に思っている。
「Macなんてシェアが少ないからアプリなんて少ないはずだろう」高をくくっていたのだが、そんなことは全くなかった。
むしろWindowsよりも使いやすく、高機能なアプリが安価で提供されている。
また、Windowsとの互換性も非常に考慮されている。
やはりWindowsの最大の武器はOfficeだろう。
そのOfficeも、Office:Macというものが提供されており、非常に互換性がいい。
ただしこのソフトに至っては、少し高価な存在であるため、安価版のiWorksという互換ソフトも提供されている。
しかし、iWorksはちょっと使いづらいというのが私の印象である。
Keynote(WindowsでいうPowerPoint)は使いやすいのだが、Pages(WindowsでいうWord)はちょっと使いづらい。
Number(WindowsでいうExcel)に限っては、使えない。(と個人的に思う)
Macで、office環境を整えるなら、やはりOffice:Macを買うべきだと思う。
と、話がずれてしまったが、その他にもリモートデスクトップを提供するRemoteDesktop等もあり、リモートデスクトップ越しにWindowsを弄る事も可能である。
と、MacにはWindowsとの互換性を考えた非常に優れたアプリが多くある。
アプリの紹介は、巷にあふれているのでそれを見てほしい。


・使いやすい。

私は使いやすいと思う。
それは、もともと私がEmacsを使っていたからかもしれない。
基本的にMacのテキスト編集は、Emacsキーバインドで行われる。
それにより、よく使うCtrlキーの位置等は"a"の隣というとても使いやすい場所にある。
よって、「Emacsになれてくると高速なエディットができる」を実践できるだろう。
また、キーバインドについては、Windowsと違いユーザが変更できる。
これは、使っていると実は非常に重要な事だという事がわかってくると思う。
更にcmdというキーがあり、そのキーを使用する事によりWindowsライクなキー操作も可能である。(しかもシェル上でもEmacs+Windowsキーコントロールの操作が可能ときた!)
しかし、やはりMacの使いやすさで感動したのは、マウスパッドである。
私はMacBookAirしか持っていないのでマウスパッドなのだが、マルチタッチによりマウス操作できる快適さは、想像を超えていた。
Webの閲覧等は、もうMacでしか行わない。


・やる気が出る。

やっぱりかっこいい。
長い電車の時間や、カフェィ等で開き、パチパチ開発してると、一段とキラキラした異性の眼差しを感じる事は必死だろう。
そして、デートに誘う事も容易になるはずである。
(どんな卑劣なコードを書いていようと)

・・・そんなよこしまな気持ちはさておいて、やはりグラフィックは奇麗だと思う。
フォント、色のコントラスト等は、やる気を出させてくれる。
また、よくWindowsでグラフィックが奇麗と謳ってるPCを見るが、画面の映り込み等があり、開発する集中力を削いでいくので、私は嫌いである。
(開発中まで自分の顔を見たくない)
しかし、MacBookAirに関しては、多少の映り込みを感じるが違和感無くコード作成に集中できる。
そんな事から、Macは非常に開発モチベーションをあげてくれる。


と、久々にいい買い物をしたので、こんな感じでMacの良さを書きなぐってみた。
ちなみに私のスマートフォンはAndroidだし、スティーブジョブズ氏もそんなに尊敬していないので、Mac(Apple)をごり押しするつもりも無い。
また、.NET開発やWindows環境は必要である事は確かであるし、Mac独自のインタフェース(電源アダプタ等)がチラホラし、私個人としては不満を感じている。

でも、Windowsのだいたいの事はMacで用が足りるし、工夫によってはMacしか使わず快適な開発を取り組む事ができるだろう。と私は思うし、Linuxの充実した開発環境も簡単に構築する事ができる。

(開発以外でMacがいいと言ってる人は、ただのナルシストだと感じてしまう)


終わり。

スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ss_9

名前 :ss_9
紹介 :
20代はエンジニア、30代はプロ、40代は管理、50代は人脈。

Twitterボタン

最新記事
カテゴリ
AD
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。