スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Androidの開発事はじめ

Androidアプリが非常に使いづらいということで、独自で開発を始めました。

まずは、古くなったeclipseのダウンロードから(- - ;)"""
eclipseのバージョンは3.5.2です。
参考にしたサイトです。

Tuya's Google Website


丁寧に書いてくださっていましたので、あっけなく動作できました。


次にデバック環境の整えです。

やはりデバックといえば、ステップ実行。

ということで、Fキーにて操作しようと思ったのですが、
最近VisualStudioをめっぽう使っていましたので、
なかなか感覚が取り戻せません(- - ;)""

ですので、ここに簡単にデバックに必要なFキーのまとめを書いてみようと思います。

Microsoft Visual Studio
F5   :  デバック実行。 または、次のブレークポイントまで実行
[Shift] + F5  :  デバック終了。
F9   :   ブレークポイント
F10 :   ステップ実行(ステップオーバー)
F11 :   ステップイン
[Shift] + F11 : ステップアウト

Eclipse
F5   :  ステップイン
F6   :  ステップ実行
(ステップオーバー)

F8   ;  次のブレークポイントまで実行。
F11 :  デバック実行。


と、基本的にはこんな感じでしょうか。

また、以前のeclipseでは、デバックランチャーが前回デバックした構成をF11キーで
すぐ起動できたと思うのですが、新しいバージョン(3.5.2)ではできなくなっていました(- -;)"""

そこで、eclipseのデバック環境を変更します。
[ウィンドウ][設定][実行/デバック][起動] から、
"起動操作"の部分の"常に前回起動したアプリケーションを起動する"

にチェックを入れます。
すると、F11キー一発で、Androidのデバッカが起動します。
(参考図)


eclipseDebug1



こんなところでしょうか。

終わり。






スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ss_9

名前 :ss_9
紹介 :
20代はエンジニア、30代はプロ、40代は管理、50代は人脈。

Twitterボタン

最新記事
カテゴリ
AD
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。