スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Python] Exif情報をCSVに保存

pythonを使って、Exif情報を取得しようと思い、調べたら簡単にできることがわかりました。
まぁるいしっぽ

要は、
PILの_getexif()を使ってexif情報のディクショナリを取得し、get(キー)にて情報を取得するとのこと。
キーなんて覚えてねぇよ!ってみんな思うので、ExifTags.TAGSから取ってくる事ができる
という感じかな(・∀・)

そこで、Windowsのフォルダ内のjpegファイルの情報をCSVファイルに吐き出すスクリプトを書いたので、残します。


def saveExifTags(dirpath,csvpath):
# ディレクトリ内のexifのタグを"csvpath"のCSVにて保存します
import Image
import ExifTags
import glob
import csv
flist = glob.glob(dirpath + "\\*.JPG")
wcsv = csv.writer(file(csvpath,'w'),lineterminator="\n")

# header
header =[]
for tag in ExifTags.TAGS.items():
header.append(tag[1])
wcsv.writerow(header)

# exif file value
for f in flist:
exif = Image.open(f)._getexif()
csvrow = []
for tag in ExifTags.TAGS.items():
val = exif.get(tag[0])
if val == None:
csvrow.append("None")
else:
csvrow.append(str(val))
wcsv.writerow(csvrow)
del wcsv


とこんな感じです。
引数は、フォルダパスとcsv保存パスです。

GPSには対応していません。

おわり。

スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名前 :ss_9
紹介 :
20代はエンジニア、30代はプロ、40代は管理、50代は人脈。

Twitterボタン

最新記事
カテゴリ
AD
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。