スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Centos5.6のTrac環境構築

Trac環境の構築でかなりはまったのでメモします。

Trac
ここに書いてありますが
EdgeWall Software およびThe Trac Project が開発した
プロジェクト管理ツールです。 Python で作成された Web アプリケーションであり、
ソフトウェア開発のプロジェクト管理に特化しています。
のようです。SubVersionも使えるPythonで開発されたプロジェクト管理ツールです。
Rubyで開発された同じようなものに、Redmineがあります。


■ 必要な物をインストール
※ su - にてルートユーザになってください。
[python setuptools]
このサイトからsetuptools-0.6c11-py2.4.eggを取ってきます。
# wget http://pypi.python.org/packages/2.4/s/setuptools/setuptools-0.6c11-py2.4.egg#md5=bd639f9b0eac4c42497034dec2ec0c2b
インストールします。
# sh setuptools-0.6c11-py2.4.egg --prefix=/usr/local/


[python mod_python]
Tracの最新バージョン(現在0.12)では、wsgiを推奨しており、mod_pythonは確認用のようです。
しかし今回は、mod_pythonで構築していきます。

httpd-develをインストールします。
# yum -y install httpd-devel

mod_pythonのインストール
# yum -y install python python-setuptools mod_python

(備考) mod-pythonをコードからmakeするとうまくいかない・・・
#wget http://archive.apache.org/dist/httpd/modpython/mod_python-3.3.1.tgz
#tar -vxzf mod_python-3.3.1.tgz
#cd mod_python-3.3.1
#./configure --with-apxs=/usr/sbin/apxs --with-python=/usr/bin/python
#make
だとエラー。。。このサイトなどの紹介のように
s -> ssに直したけど、エラーが出る。。。何故だ。
http://www.abetake.com/index.php?mod_python%203.3.1


[python Genshi]
Genshi0.5では、Trac0.12が対応していない等の後々のバージョンアップも考え、
Genshi0.6をインストールします。
(easy_installを使用しますので、proxyサーバを使用している方は、
# export HTTP_PROXY='http://[proxyアドレス]:[ポート番号]/'
にて、proxyを設定しておいてください)
# easy_install --always-unzip Genshi
ここで、もう古いバージョン0.5等が入っていますよ見たいな出力でしたら、
出力に、
Using ・・・[Genshiパス]
と、Genshiのパスが出てきますので、
# rm -rf [Genshiパス]
にて、既存のGenshiを削除し、再度Genshi0.6をインストールして下さい。
(参考サイト: Genshi のバージョンアップ)

[Subversion]
Subversionをインストールします。
# yum -y install mod_dev_svn

[Trac]
0.11と0.12がありますが、0.12になると仕様が変わりますので、今回は0.11を入れます。
# wget http://www.i-act.co.jp/project/products/downloads/Trac-0.11.7.ja1.zip
# unzip Trac-0.11.2.ja1
# cd Trac-0.11.2.ja1
# python ./setup.py install


■Trac環境構築
ここから環境構築に入ります。

[Subversion環境構築]
# mkdir /var/www/svn
# chown -R apache:apache /var/www/svn
# svnadmin create /var/www/svn/test
# chown -R apache:apache /var/www/svn/test
# svn mkdir file:///var/www/svn/test/trunk file:///var/www/svn/test/tags file:///var/www/svn /test/branches -m "comment"
# vi /etc/httpd/conf.d/subversion.conf

   DAV svn
   SVNParentPath /var/www/svn
   # Limit write permission to list of valid users.
  
      # Require SSL connection for password protection.
      # SSLRequireSSL
      AuthType Basic
      AuthName "Authorization Realm"
      AuthUserFile /var/www/.htpasswd
      Require valid-user
  
                                                                                                      
   
# htpasswd -c /var/www/.htpasswd ユーザ名

ここで、
# /etc/rc.d/init.d/httpd restart
をすると、
http://[アドレス]/svn/test
にリポジトリが見えると思います。


[Trac環境構築]
# mkdir /var/www/trac
# chown -R apache:apache /var/www/trac
# vi /etc/httpd/conf.d/trac.conf


   SetHandler mod_python

   PythonHandler trac.web.modpython_frontend

   PythonOption TracEnvParentDir /var/www/trac/

   SetEnv PYTHON_EGG_CACHE /var/www/.egg-cache







   AuthType Basic

   AuthName "trac"

   AuthUserFile /var/www/.htpasswd

   Require valid-user


# trac-admin /var/www/trac/test initenv

>>Project Name [My Project]> test
>>Database connection string [sqlite:db/trac.db]>
>>Repository type [svn]>
>>Path to repository [/path/to/repos]> /var/www/svn/test

# chown -R apache:apache /var/www/trac/test  (念のため)
# /etc/rc.d/init.d/httpd restart

これで、ブラウザに
http://[アドレス]/trac/test
と打ち込むと、以下のようにwebサイトが表示されます。
trac_sample
trac_sample


かなりはまりました。
終わり。


スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア開発
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ss_9

名前 :ss_9
紹介 :
20代はエンジニア、30代はプロ、40代は管理、50代は人脈。

Twitterボタン

最新記事
カテゴリ
AD
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。