スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows環境でのiPhoneの開発環境構築を調べてみた

個人でiPhone開発が必要になってきて、macBookProを購入しました。
しかし、世の中(職場でも)に普及しているOSは、Windows。
だから、Windows環境でiPhoneの開発がしたい!!ということで、
Windows環境のiPhoneの環境構築を調べてみました。

1.Mac環境からWindowsを動かすエミュレータは充実している。
   需要があるからなのか、Appleの陰険な嫌がらせなのかはわかりませんが、
   MacからWindows環境を動作させる物は充実しているようです。
   (参考サイト)
   Macで仮想環境を作るには?(Think IT)

2.WindowsからMac環境を動かす事は、なんとか可能。
   仮想環境を構築するVMWareVirtualBoxを使って、MacOSを起動することは、
   なんとか可能なようです。
   『Snow Leopard』という、Intel系プロセッサで動作するMacOSらしいです。
   そこで、アップルからSnow LeopardをDLしようと思ったのですが、アップグレード?
   なんか違う。。。(お金かかるし) ということで、他を調べてみました。
   (参考サイト)
   VirutalBox』を使ってWindowsパソコンからMac OS Xを使う方法(Life Hacker)
   ただし、合法なのかは調べられてませんが、他の調べたすべてのサイトに置いて、
   Windowsで動作させられるSnow Leopardの直リンクを伏せています。
   一応、Googleにて「Snow Leopard Hazard」と入れると出てきます。

んー、これでできるのかなぁ?と思いつつ、調べてみました。
いつか結果を書きます。(おそらく)

調べてみて思った事が、Appleってなんでこんなに独占的なんだろう。
そんなんじゃ。だれも使わなくなるよね。
iPhoneも寿命は短いなぁ。きっと。
デザインは魅力だけどね。


終わり。





スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア開発
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ss_9

名前 :ss_9
紹介 :
20代はエンジニア、30代はプロ、40代は管理、50代は人脈。

Twitterボタン

最新記事
カテゴリ
AD
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。