スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Python 入門] 自分用のまとめ

Pythonの自分用のまとめです。
Pythonをやるたびに更新していきます。

■ 基本的なこと
- 基本演算子
Cとか     python
+            +
-             -
/             /
*            *
!            not
- 比較演算子
a == b     aとbは等しい(文字列も対応)
a != b     aとbは等しくない(文字列も対応)
a < b      aはb未満
a > b      aはbより大きい
a <= b     aはb以下
a >= b     aはb以上

文字列の'< > <= >='は、サイズを比較しているようです。
例えば、
>>> a = "あいう"
>>> b = "かきく"
>>> if a <= b:
    print "aはb以下"
aはb以下
>>> b = "aiu"
>>> if a <= b:
    print "aはb以下"
出力なし
>>> b = "か聞く"
>>> if a <= b:
    print "aはb以下"
aはb以下
- 組み込み関数   (思いつき順) v2.7の組み込み関数リファレンス(英語)
import a                           a.pyを読み込む(読み込むには、pythonパスの設定が必要)
reload(a)                          aモジュールを再読込する。
                                     一度importで読み込んだら、reloadじゃないと変更しない。
print a                              aを標準出力する
type(a)                             aの型を取得する
repr(a)                             aが数値型の場合、aを文字列に変換する。
str(a)                               aが数値型の場合、aを文字列に変換する。
                                       reprとstrの違いは、ここを参照するとわかりやすい
round(a,b)                       小数点a以下を切り捨てる
len(a)                              aの長さを取得
int(a)                               文字列aをint型に変更。floatとかlong等も同じ感じ
max(a)                            配列aの最大値
min(a)                             配列aの最小値
open(a)                           パスaのファイルを開く ex) f = open("test.txt" , 'r')
- if文の基本 (意外にelifを忘れてしまうので、、、)
if val == a :
    print "valはaと同じ"
elif val == b :
    print "valはbと同じ"
else:
   print "valはその他"
- for文の基本
for val in vals :
    print val

break文は break
conitue文は continue
- ソースコードの改行
ソースコードの改行は「\」(バックスラッシュ)で改行できる。
a = 1+2+3+4+5+6+7 \
      + 8 + 9 + 10


■ 配列
- 簡単な配列の作成
arr = range(0,10)
[0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]

■ 辞書 (Dictionary)

- 辞書の使い方
# 初期化
>>> dic = {}

# 要素の追加
>>> dic["en"] = "English"
>>> dict["jp"] = "Japanese"

# 要素の削除
>>> dic.pop("jp")
 'Japanese'
# 要素の確認
>>> dic.values()
['English']
 

■ クラス

- クラスを生成する 、コンストラクタを宣言する、メンバ変数に代入する
class testclass :
    # コンストラクタ
    def __init__(self , arg1)
        self.arg1 = arg1   # メンバ変数に代入(特に宣言する必要はない)

■ その他
- Python path の確認
import sys
sys.path
- 年月日の文字列表現 (datetime変換等に使う)
年 %Y  , 月 %m , 日 %d , 時 %H , 分 %M , 秒 %S
- 文字列をdatetime型に変換する
import datetime
>>> dt = "2011:04:01"
>>> datetime.datetime.strptime(dt,'%Y:%m:%d')
datetime.datetime(2011, 4, 1, 0, 0)
- ディレクトリのファイル一覧を取得する1
>>> import os
>>> os.listdir("検索するディレクトリ")
- ディレクトリのファイル一覧を取得する2(ワイルドカードを使用する)
>>> import glob
>>> glob.glob("検索するディレクトリ")
ex)
>>> import glob
>>> glob.glob("C:\\*.txt")
- パスからファイル名を取得する , ファイル名,拡張子,ディレクトリ名を取得する
>>> import os
>>> fbasename = os.path.basename("C://test.txt")
test.txt
>>> os.path.splitext(fbasename)
('test', '.txt')
>>> os.path.dirname("C:\\test.txt")
'C:\\'
 
- ファイルの存在を確認
>>> import os
>>> os.path.exists("C:\\test.txt")
True
- ファイル読込み
>>>for line in open('text.txt', 'r'):
>>>       print line

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

ss_9

名前 :ss_9
紹介 :
20代はエンジニア、30代はプロ、40代は管理、50代は人脈。

Twitterボタン

最新記事
カテゴリ
AD
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。