スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WindowsでWordPress

安価にWebサーバを作るならLAMP(Linux + Apache + MySQL + PHP) です。
しかも、CMSによって非常に簡単にWebサイトを作ることができます。
CMSには、joomlaやWordPressは非常に簡単です。
特にWordPressは、テンプレート等の素材も多く高度なWebサイトを作る事ができます。
(私の好みですが、、、)

しかし、Windowsではどうでしょうか?
WindowsのhttpdはIISだったり、推奨っぽいデータベースがSQL Serverだったり、、、。
しかし、WindowsのVisual Studio等のデバック環境は非常に魅力的です。
WebDeveloperでは、javascriptやHTML等のコード補完等、色々揃っています。
無理やり、WAMP Sever等で、Apatch等を入れるのもいいのですが、せっかくのWindowsの
メリットが活かせません。

今回、Windows Server2008を元にWebサイトを構築する機会に恵まれ、色々調べてみたところ、
非常に簡単にWIMPの環境が構築できる事が出来ましたので、メモ書き程度に残します。
ここでは、WindowsにてWordPressの動作を行います。

▼Web PI のインストール
    MicrosoftがWebPI(Web Platform Installer)を提供しています。
    これを利用すると簡単にWordPressやjoomlaがインストールできます。
    まだ触っていないのですが、Microsoftさんが独自で開発したようなパッケージも入っています。
   
   1.  WebPIダウンロードサイトに行き、WebPIをダウンロードしてきてください。
   2. exeを実行します。すると以下の画面が現れます。
WebPI1

   3. WordPress 日本語パッケージを選択し、インストールします。
       (IIS7 Recommended Configrationを私はインストールしていますが、
        特に必要ないと思います。行っていることは、訳の通り、"推奨される設定"だと思います)
  
すると、WordPressに必要な物を勝手にインストールしてくれます。
データベースもMySQLです。
その際、MySQLのパスワード等も聞かれるので、きちんとメモしておいたほうが良いです。
いつも簡単な環境構築でハマるのですが、今回は、さすがMicrosoftというところで、
ほんとに簡単にインストールすることができました。
Windows7でもインストールすることができます。

また、以前にMySQLを入れている方は、rootパスワードを聞かれます。
もし忘れた場合は、ここを参照ください。

ここで、勝手にWebMatrixも入ります。
これは、WebPIが提供している動的なWebサイト構築する開発環境です。
このWebMatrixは、開発環境を非常に分かりやすく表示してくれています。
今後開発するには、このWebMatrixを立ち上げてから、開発を始めるとスムーズに
開発することができます。

と、まだまだとっかかりですが、忘れないうちにメモしておきます。

おわり。

スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア開発
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

ss_9

名前 :ss_9
紹介 :
20代はエンジニア、30代はプロ、40代は管理、50代は人脈。

Twitterボタン

最新記事
カテゴリ
AD
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。