スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MySQLとRuby on Rails インストール(Windows)

MySQLを使ったRuby on Rails インストールにとてもハマってしまったので、
覚えているうちにメモします。
(特にMySQLのバージョンには注意!!)

環境は、
Windows7 Professional 64bit

行った事は、
1. Ruby のインストール
2. Rails のインストール
3. MySQLのインストール
4. MySQLドライバのインストール
5. scaffoldのインストール
です。

現在(2011.01.28)の各バージョンは
Ruby 1.8.7
gem  1.3.7
Rails 2.3.5
MySQL 5.5 (ただし、今回は5.0を使用します)

参考サイトは、
Ruby on Rails Pro
まさにっき(コードで世界を変えたい人の記録)
MySQLユーザ会


1 . Rubyのインストール
     まずは、Rubyをインストールします。
     このサイトから、"One-Click Installer (old)"をダウンロード。
    ダウンロードが終了したら、インストーラを開き、適当に進みます。
    ただし、下の図のように、チェックして下さい。
  
rubyInstaller1

     完了すると、Rubyとgem(Wikiを参照)が入ります。
     確認は、コマンドプロンプトを立ち上げ、
 ruby -v
 gem -v
    と打ち込み、それぞれバージョン番号が出てくれば、正常にインストール出来ています。

2. Rails のインストール
     次にRails(Wikiを参照)を参照します。
     こちらは、gemを使用します。
     コマンドプロンプトを立ち上げ、以下の
 gem install rails --include-dependencies --version [バージョン番号]
     確認は、コマンドから
 rails -v
     と打ち込み、バージョン番号が出てくれば正常にインストールできています。
     ここで、接続先が見つからない等のエラーがでていれば、Proxyの仕業かもしれません。
     ここを参照ください。


3. MySQLのインストール

     次にMySQLをインストールします。
     ここで、注意しなければならない事は、RubyがMySQLのバージョンにより不安定になる事です。
     MySQL5.1以上を入れるとエラーが出力されます。
     また、64bitバージョンを入れるとエラーが出力されます。
     ですので、今回は、MySQL5.0.xxの32bitバージョンを入れます。
     ダウンロード先は、MySQLユーザ会で確認して下さい。
     インストールは、適当に「次へ」で行けます。
     次に設定です。
     初期時に立ち上がる(もしくは、すべてのプログラム→MySQL)
     設定画面(MySQL Server Instance Configration Wizard)にて、設定します。
     適当にデフォルトの設定で「Next」を押していきます。
     以下の画面が出たら、設定を図のように行います。
    
MySQLSetting1

MySQLSetting2

     パスワード設定の部分が以下のようにでたら、 以前のMySQLのゴミ設定が残っています。
MySQLSetting3

     以前、インストールしたMySQLのパスワードを入れるか、すべて削除してください。
     (どうしてもできない人はここを参照)
     それ以外の人は、そのままパスワードを設定して終了してください。
     インストールの確認は、コマンドプロンプトにて
 mysql --version
      を打ち込んで、バージョンを確認出来れば、正常に設定されています。

4. MySQLドライバのインストール
     gemを使用し、MySQLのドライバをインストールします。
     ここで、MySQLを5.0以上を入れると、エラーが出力されますので注意!!!
     コマンドプロンプトにて、
 gem install mysql -- --with-mysql -config
     と打ち込みます。
     すると、インストールされるはずです。
     確認方法は、コマンドプロンプトにて
 gem list
     と打ち込んでください。 gemでインストールされたリストが表示されます。
     その中に、mysql(2.8.1 x86-mingw32)が入っていれば正常にインストールされています。

5. scaffoldのインストール
     こちらは、コマンドプロンプトで、
 gem so -a http://gems.github.com
 gem i amatsuda-i18n_generators
     上記記入では、古いバージョンであり、今後更新される事が無いとの
     ご指摘がありましたので修正します。

gem install i18n_generators
     "gem list" で確認すると、i18n_generators(バージョン番号)が確認できます。
 ruby script\generate i18n_scaffold user name:string age:integer comment:text
     と入力します。するとインストールが始まります。


これで、基本的な動作は、できるかな(^ ^)
ほんとに長かった。。。

終わり。

テーマ : ソフトウェア開発
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

ss_9

名前 :ss_9
紹介 :
20代はエンジニア、30代はプロ、40代は管理、50代は人脈。

Twitterボタン

最新記事
カテゴリ
AD
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。