スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IIS7によるWeb環境構築メモ

Windows Server 2008にて、IIS7.5で、Web構築する機会がありましたので今後の私へのメモ。

 IISは、サーバマネージャで管理する。
 デフォルトのWebフォルダは、C:\inetpub\wwwroot
 php等を入れる場合は、Web PI(Web Platform Installer)で入れると簡単
 phpを手動で入れる場合は、[ハンドラーマッピング]の[モジュールマップの追加]で行う。
webadd4


サイトのコンテンツを分けたい場合は、[アプリケーションの追加]で追加する。 
webadd2

最初に立ち上がるページを、xx.php等にしたい場合は、[既定のドキュメント]で変更
 webコンテンツの場所をIISのデフォルトから変える場合は、
 [詳細設定]等の[物理パス]で変更
 ローカルで観ることが出来て、他のPCから見えないときは、
 アプリケーションプールの見直し、または、IIS再起動をかけてみる

-- WordPress

 WordPressを入れたい場合は、Web PI(Web Platform Installer)が簡単
WordPressで必ず行うことは、管理画面の[設定][WordPress のアドレス (URL)]の
"localhost"を自分のIPアドレス(/仮想パス)に変更。
ぢゃないと、他のPCから見えない。

とこんな感じです。
とても簡単な事ですが、あまりいぢらないので、忘れずにメモ。
今後、はまったら追加していきます。

おわり。


スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア開発
ジャンル : コンピュータ

WindowsServer 2008 R2の設定

WindowsServer2008 R2が来まして、設定しました。
社内用サーバです。

その時のメモです。
セキュリティの変更などを行っていますが、私個人の環境上で安全を確認した上で行っています。
もし参照された方は、自己責任にて変更お願いします。


■インストール
ほとんどは、「OK」や、「ライセンス規約に同意」で進みます。
しかし、「新しいパスワード」の設定で止まってしまいます。
それは、Windows Server 2008がパスワードの複雑さを要求している為です。
探してみるとありました。
    ある要件を満たす必要があるようです。
パスワードの要件
    ・3種類以上の文字を含むこと
        (英大文字、英小文字、数字、記号のどれか3種類を含むパスワードが必要)
    ・3文字以上
    ・ユーザ名を含むとダメ

    らしいです。
    うぅぅ、私は何回もトライしてダメでした。。。
    今回、DELLさんにOSインストール済みのサーバを購入したのですが、
    「メモ:パスワードは、要求される複雑さを満たしている必要があります。
        詳細は、OSマニュアルを参照ください」
    と書かれていましたが、OSマニュアルって何??どこにも入ってないよ。。。
    ということで、結局Googleさんにお世話になりました。
    どこかに書いといてよ。。。

■ネットワーク接続
   ネットワーク接続をします。
   こちらに関しては、普通のWindowsと同等で設定できます。
 ・「ローカルエリア接続の状態」ダイアログを開き「プロパティ」を選択。
 ・「インターネット プロトコル バージョン4(TCP/IPv4)」等で、IPアドレスを設定。
 ・もしプロキシサーバを使用している環境であれば、IEのツール等から
     「インターネットオプション」を選択し、「接続」タブの「LANの設定」等で
    プロキシサーバを設定。

■とりあえずWindowsUpdate
   とりあえず、「更新プログラムのダウンロドとインストール」で、WindowUpDate。

■ユーザの追加 (必要に応じて)
   ユーザを追加します。
 ・「コントロールパネル」の「ユーザアカウント」を選択。
 ・「ユーザアカウントの追加または削除」を選択。
 ・「新しいアカウントの作成」を選択。
 ・任意で権限を与え「アカウントの作成」を選択。
 ・ユーザが出来ているので、ユーザを選択し、「パスワードの作成」を選択。
 ・パスワードの設定。(ただし、ここでもパスワード要件に沿ったパスワードが必要)
■リモートデスクトップ設定
・「リモートデスクトップを有効にする」を選択し、
     「このコンピュータへの接続を許可しない」を選択。
 ・「ネットワークとインターネット」から「ローカルエリア接続」を選択。
 ・「プロパティ」を選択。
 ・「共有」タブを選択。
 ・「ネットワークの他のユーザに、このコンピューターのインターネット接続を
      とおしての接続を許可する」チェックボックスをチェック。
 ・「設定」ボタンを選択。
 ・「リモートデスクトップ」チェックボックスをチェック。
  すると、ファイヤウォールが有効であってもリモートデスクトップが有効になります。

■IEセキュリティレベルの変更
   Windows Server 2008でのデフォルトの設定では、
 「Source Forge」などからのファイルのダウンロードができない設定になっています。
   インターネットオプションのセキュリティーレベルを変えればいい話ですが、
   デフォルトで変更できないようになっています。
   これは、「IE ESC」という機能が働いているためで、この機能を無効化します。
 ・「サーバマネージャ」の右隅の「IE ESCの構成」を選択
 ・任意で「オフ」にする。
 ・IEのツールなどから「インターネットオプション」を選択し、「セキュリティ」タグにて
    任意にセキュリティレベルの変更を行う。
WindowsServer2008IEESC



■.NET FrameWork 3.5のインストール
   .NET アプリケーション動作のため、.NET FrameWork3.5を入れます。
 ・「初期構成タスク」の機能の追加ウィザードで「.NET Framework 3.5.1の機能」を選択し
    「インストール」を選択します。
・後は、大体「次へ」で行けます。


と、ここまでで、すごく時間がかかった(-_-;)
セキュリティもここまでくるとスゴいです。
後は、ちょくちょくFTPやWebサーバを構築していきますw

おわり。





   

テーマ : ソフトウェア開発
ジャンル : コンピュータ

Windowsサーバのメリットを挙げてみた

私が適当に立ち上げたwebサーバを皮切りに、社内(グループ内)でファイル管理も含め、
サーバ運用はどうかという動きが大きくなってきています。
時代遅れも甚だしいですが、研究職なんて一匹狼のノリでやっていますので、
特に今まで必要なかったのだと思います。

急に余っている予算内で、しかも誰でも扱えるようなWindowsサーバでとの条件付きで、
webサーバを立ち上げてくれとの依頼を受けましたので、
Windowsサーバ関連を調べなくてはいけなくなってしまいました。

そこで、ただ調べてもなんなので、こちらにメモφ(`д´)メモメモ...をしながら調べていきたいと思います。
調べるサーバOSは、 Windows Server2008 R2 です。
(嫌々調べているので、とても主観的です)

 [Windows Server2008の機能的メリット] 
   - ほぼGUIでなんとかなる。
   - あまり詳しくなくてもなんとかなる。
   - 保証やサポートが付いてくる。(お金を払っていますから)
   - .NETアプリケーションが動く
   - クォータ毎にファイル使用量の制限ができる
   - ファイルの種類により、ファイルの自動整理ができる。
   - ログが見やすい。帳票やエクセル、Visioへの出力機能。
   - Windows Serch機能によりファイルの高速検索ができる。
   - 遠隔地からのファイルアクセスが(二度目から)速い
   - リモートデスクトップが高機能に楽に構築できる。
   - ActiveDirectory機能が組みやすく、ファイルや、ユーザ管理が簡単にできる。
 
 [Windows Server2008の機能的デメリット] 
   - 高い
   - ライセンス管理が複雑
   - 制御がブラックボックスになっており、中で何をしているかわからない。

といったところでしょうか。

こちらに、4分程度の説明ビデオがありましたので載せておきます。

リモートデスクトップと、.NETアプリケーションの動作は、魅力的ですが、
基本的に機能は、Linuxサーバでも実現は十分可能です。

ということで、基本的なサーバ機能を求めるのであれば、どれだけ保証を求め、
それに対しての費用対効果が得られるかで、Windowsサーバの構築が決まってくるのだと思います。
(私としては、あまりメリットは感じられませんでした (- -;)"" )

ということで、このあたりで説明してきます。。。

終わり。



テーマ : ソフトウェア開発
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

ss_9

名前 :ss_9
紹介 :
20代はエンジニア、30代はプロ、40代は管理、50代は人脈。

Twitterボタン

最新記事
カテゴリ
AD
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。